開催報告

地域防災力向上シンポジウムin佐賀2021

水害から要配慮者の命を守る
〜求められる地域防災のあり方とは〜

開催日時:令和3年1月14日(木)開場/12:30 開会/13:00 終了/16:00
主催:消防庁、佐賀県、唐津市、公益財団法人佐賀県消防協会
共催:佐賀新聞社
後援:公益財団法人日本消防協会、一般財団法人日本防火・防災協会、全国消防長会、全国地方新聞社連合会

 近年、毎年のように全国各地で大雨や台風、土砂災害などによる被害が発生しております。佐賀県も平成30年以降、3年連続で大雨特別警報が発表される事態となるなど、県民の水害に対する意識は一層高まりを見せています。
 一方で、そのような災害が発生すると、高齢者など災害時に配慮を必要とする方(要配慮者)へ被害が集中する傾向があり、こうした被害を最小限にくい止めるためには、消防団や自主防災組織、福祉施設などが連携し、地域全体で要配慮者への支援に取り組んでいくことが求められます。
 本シンポジウムは、佐賀県における水害の危険性を理解し、自宅で生活する要配慮者や、福祉施設に入所する要配慮者双方のケースで必要となる支援について理解を深め、災害から要配慮者の命を守るために求められる地域防災のあり方を考える機会とすることを目的に開催するものです。

開会挨拶

基調講演

パネルディスカッション

閉会挨拶

資料ダウンロード

佐賀新聞掲載誌面

お問合せ:消防庁国民保護・防災部防災課地域防災室
     TEL:03-5253-7561(土日祝日を除く)